無線呼び出しシステム、無線通信機、画像通信機、通信用計測器などの販売から工事、運用、保守は日本テクニカル・サービス ISO

NTS 日本テクニカル・サービス株式会社 SDGs SDGs

SDGsへの取組み

私たち、日本テクニカル・サービス(大井電気グループ)は、事業を通じて地域の皆様と一緒に、地域・地球の社会的課題の解決に取り組んでまいります。
電気工事・電気通信工事を通じ、できることから少しずつ皆さまへ安心と感動をお届けし、世の中の幸福と発展にチャレンジしていきたいと考えております。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、 2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された、地球規模で「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために2030年を年限とする17の国際目標です。この17の国際目標(ゴール)を達成するために169のターゲットが設定され、地球全体で達成していくことが期待されています。

Working Support 働きがいのある環境づくりを目指す

毎年、全従業員を対象に情報技術を用いて、嫌がらせ、いじめを含む反論理的行為に関する社内講習会を実施しております。また、「内部通報制度」を導入し、社外専門家が心的・心理的・精神的なこと全体の相談、暮らしの相談を電話とメールで受付け可能とし、従業員のこころの健康維持に努めています。

■ 休暇制度

「育児休業・介護休業・子の看護休暇・介護休暇」を制度化し、育児・介護のための時間外労働制限の請求もしやすい環境です。

■ 安全衛生

産業医を交えての安全衛生委員会の開催や、生活上の精神的な重圧での異常を確かめることはもちろん、その結果を経営層へ伝え返すことを実施しています。

■ 感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策として、非接触表面温度測定顔認識システムを導入して、発熱のある従業員やお客様の確認をさせていただいております。

■ 多様性の尊重

従来の企業内や社会における一般のあるべき姿にとらわれず、多様な属性(性別、年齢、国籍など)や価値・発想をとり入れることで、経済行為環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、企業の成長と個人の幸せにつなげます。

事業活動を通じた環境負荷低減

工事に伴って現地から排出された廃棄物は、適切な分別を行い、マニフェスト(産業廃棄物管理票)を発行して排出した廃棄物がどのように処理されたかの管理と確認を行っています。

■ 工事車両

工事車両は積極的に低燃費で排気ガスが少なく環境性能に優れた車の採用を行い、エネルギー使用量およびCO2排出量の削減に積極的に取り組みます。

■ オフィス

自社ビルでは、LED照明への切り替えや空調設備機器の高効率型への更新など、生涯費用の思想に基づき、環境負荷に配慮した設備改善を計画的に実施します。

■ ペーパレス化

紙の書類を電子化する取り組みは、CO2排出量削減につながります。紙の書類を電子化する取り組みの推進に向けて、コピー用紙の使用を必要最小限に抑えています。その結果、2020年度のコピー用紙購入量は約424千枚(前年度比17%減)となりました。 紙の書類を電子化する取り組みを推進し、コピー用紙削減目標250千枚を進めます。

■ 事務用品

使用する事務用品は、グリーン購入法、エコマーク商品などの環境負荷の少ない商品を選定し、推奨商品として多数の中から条件にあてはまるものを選び出すことでグリーン商品を優先的に購入する環境を整えます。

長年にわたりお客様の要求に対応することで培われた技術力を活かし、電気工事・電気通信工事に係る分野にビジネスを展開しております。 このようなビジネスを通じて、SDGs目標に寄与する事業活動事例が数多くあり、人間・社会・地球環境の持続可能な発展の実現に向け、これからも付加価値を提供し続けてまいります。